親子のコミュニケーションに!食器洗いを楽しもう~手荒れ防止に着目した食器用洗剤~

子供と一緒にキッチンに立つことは、お母さんにとっても楽しい時間になるはずです。食器洗いは、親子が一緒にできる家事の一つです。親子で食器洗いをすることで、コミュニケーションを図れます。こちらでは、親子のコミュニケーションにぴったりな食器洗いを楽しむポイントをご紹介します。

食器洗いをするための準備!場を整えてあげよう

食器洗いをするための準備!場を整えてあげよう

まずは、子供がお手伝いをしたくなるような環境を整えてあげることが大切です。まだ背が低くてシンクに手が届かないなら、ステップ台を用意して洗いやすい状態にしておきましょう。

次に、子供が使いやすいサイズのスポンジを準備したり、洗いやすくするために洗った食器をすぐに置ける場所を用意したりしておくと良いです。楽しく食器洗いができるように、かわいい形をしたスポンジもおすすめです。

役割分担をする

例えば、お皿はお母さんがやるから、コップは子供に手伝ってもらうなど、役割を決めましょう。子供の洗い物には、割れにくいプラスチックの素材から始めるのがおすすめです。

あるいは、汚れの少ないものは子供に任せる、すすぎだけを任せるなど、部分的にお手伝いをしてもらうのも良いでしょう。食器の扱いに慣れてきたら、徐々に難しい食器に挑戦させてあげると良いです。どんどんできることが増えていくと、子供の自信にもつながります。

食器洗いのポイントを教える

食器洗いのポイントを教える

いきなりすべてを子供に任せるのではなく、洗い方のポイントをアドバイスしながら一緒に取り組みましょう。例えば、油汚れがひどい時は、食器用洗剤で洗う前に先にキッチンペーパーで汚れを拭き取っておくと汚れを落としやすくなるなど、理由も含めてアドバイスをすると良いです。

他にも、水切りカゴに食器を並べる際は、斜めに傾けて隙間をあけて置くと乾きやすくなるなど、子供に食器洗いの基礎を教えてあげましょう。

終わった後は感謝の気持ちを言葉にして伝える

食器洗いが終わったら、しっかり褒めてあげましょう。感謝の気持ちを言葉で伝えることで、子供は自分が役に立っていると感じることができます。自分から「またやってみよう!」という気持ちにつなげるためにも、感謝の気持ちは言葉にして伝えるようにしましょう。きれいになったという達成感を持てるようになると、お手伝いを前向きにトライしてくれるようになります。

食器洗いなどの水仕事でどうしても気になるのが、手荒れです。クリヤケミカル株式会社では、手荒れ防止に着目した手肌にやさしい食器用洗剤「Chloris Wash for Dish」を販売しています。天然植物系由来の厳選した原料を使用しているため、主婦はもちろん子供にもお使いいただけます。また、洗浄力があるだけでなく、天然精油を香料として使用しているため、良い香りが楽しめるのも特徴です。手荒れから守ってくれる食器用洗剤をお探しの方は、ぜひお試しください。

手荒れ防止におすすめ!厳選した原料を使用した食器用洗剤

会社名 クリヤケミカル株式会社
代表者 佐藤 勝也
住所 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4丁目6−10 [MAP]
URL https://clear-chem.com/