ユニフォームを洗濯する際のポイント~泥汚れはクリヤケミカル株式会社の洗濯用洗剤で~

ユニフォームについた泥汚れは、普通の洗濯物と同じような洗い方ではきれいに落ちないことが多いです。こちらでは、ユニフォームを洗濯する際のポイントについてご紹介します。

ユニフォームを洗濯する際のポイント

ユニフォームを洗濯する際のポイント

1.洗濯表示を確認する

素材に合わせた洗い方をすることが大切です。洗い始める前に、必ずユニフォームのタグに書かれている洗濯表示をチェックしましょう。「洗濯機で洗えるもの」「手洗いができるもの」のマークがあれば、自宅で洗濯することができます。野球のユニフォームはほとんどがポリエステル素材なので、自宅での洗濯洗いが可能です。

2.ユニフォームは洗濯機の一番下へ

野球のユニフォームや作業服などの汚れがひどいものは、洗濯機の一番下に入れるようにしましょう。一番下に入れる意味は、

  • 洗濯機の回転が安定する
  • 水流が強くなりやすい
  • 洗濯物全体がうまく循環する

ためです。また、プリントや刺繍のついたユニフォームの場合は、裏返しにしてから洗濯機に入れてください。さらに、泥汚れは洗濯前にはたいて落としておくのもポイントです。乾いた状態であれば泥が繊維から離れやすくなるので、軽くはたいたりブラシなどでかきだしたりすることで、より洗濯が楽になります。

3.干し方を工夫する

脱水後は、筒状にして干しましょう。イメージとしては、実際に着ているような形にして干します。ズボンは、ズボン専用のピンチハンガーを活用するのもおすすめです。筒干しは空気の通りが良くなるため、速く乾かすことができます。また、速く乾くことで色落ちも防げます。ユニフォームは裏返して干した方が素材の性質上、乾きやすいです。

野球のユニフォームには、泥汚れや汗・皮脂汚れが染みついているため、それらを繊維の中からしっかり落とすことが大切です。洗濯の仕方を見直すのはもちろん、洗濯用洗剤選びも大切な要素の一つです。クリヤケミカル株式会社では、バイオ酵素配合の洗濯用洗剤「泥クリヤ」を販売しています。品質・コスパにはこだわり、商品はすべて自社工場で製造しています。無リン版の洗濯用洗剤「泥クリヤ グリーン」もありますので、ぜひお試しください。

ユニフォームについた泥汚れはクリヤケミカル株式会社の洗濯用洗剤で

会社名 クリヤケミカル株式会社
代表者 佐藤 勝也
住所 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4丁目6−10 [MAP]
URL https://clear-chem.com/