洗濯槽の洗い方~作業服の頑固な汚れはクリヤケミカル株式会社の洗濯用洗剤で~

洗濯機の見える部分はきれいにしていても、洗濯槽の裏まではなかなか掃除しない…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。洗濯槽が汚れたままだと、次に洗う洗濯物に汚れや嫌な臭いがついてしまうこともあります。日頃から洗濯機を清潔に保つためにも、定期的な洗浄が必要です。

洗濯槽は洗った方が良い?

洗濯槽は洗った方が良い?

「洗濯物がなんだかカビ臭い」

「洗濯機の中から変な臭いがする」

「衣類の汚れがきれいに落ちていない」

という場合は、洗濯槽に問題があるかもしれません。ご家庭によっては毎日使用する洗濯機。普段、洗濯機のフタは閉めていることが多いという方もいらっしゃるでしょう。洗濯槽は湿気がこもりやすいため、カビが発生しやすい環境と言えます。洗濯槽は筒状になっているのがほとんどで、穴も開いています。凸凹のある部分には湿気がたまりやすいですので要注意です。洗濯槽は定期的に掃除をして、きれいにしておきましょう。

洗濯槽の洗い方

洗濯槽の洗い方

ステップ1

洗濯槽に水を最大限入れます。できれば40~50度のお湯の方が、洗濯機の内側に残ってしまった油汚れを溶けやすくするため効果的です(お風呂の残り湯でもOK)。※洗濯機が何度までのお湯に耐えられるか、事前に洗濯機の説明書をチェックしておきましょう。また、フィルターは外しておきましょう。

ステップ2

洗濯槽用洗剤を投入します。当社の「洗濯槽クリヤ」は黒カビにも効きますのでおすすめです。

ステップ3

洗濯槽用洗剤を溶かしたら、「洗い」で約5~10分を目安に洗濯機を回します。その後、そのままの状態で洗濯機を放置し、こびりついた汚れを剥がしていきます。

ステップ4

洗濯槽の中に浮いてくる汚れ・ゴミを取り除きましょう。ゴミすくいネットなどを使うと、簡単に取り除けるのでおすすめです。

ステップ5

水を捨て、さらに水をためて「すすぎ洗い」をします。約3~5分を目安に回し、汚れが出てこなくなれば完了です。洗濯機の中が乾燥するまでは、フタをあけておくのもポイントです。乾く前にフタをしてしまうと、カビが発生しやすくなります。

洗濯は毎日行うものです。洗濯機をきれいな状態に保つのはもちろん、洗濯用洗剤にもこだわりたいと考える方は多くいらっしゃると思います。クリヤケミカル株式会社では、泥汚れ用の洗濯用洗剤を販売しています。作業服の繊維の奥まで染み込んだ頑固な汚れも、抜群の洗浄力できれいに落とします。作業服についた汚れは、いつも通りの洗濯では落ちないことがほとんどです。作業服の汚れを落とすのに手間がかかっていた方は、ぜひ一度クリヤケミカル株式会社の洗濯用洗剤をお試しください。

作業服の洗濯用洗剤をお探しならクリヤケミカル株式会社へ

会社名 クリヤケミカル株式会社
代表者 佐藤 勝也
住所 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4丁目6−10 [MAP]
URL https://clear-chem.com/